指定石材店制を導入している多くの民間霊園

指定石材店制を導入している霊園には注意をするべきことがあります。
多くの霊園では、特定の石材店の広告を持参したり、指定をしたりしない限りは、自動的に石材店を振り分けられてしまう決まりになっています。

 

後々自分で数社ある指定石材店の中から、気に入った石材店を選ぶことが出来るワケではありません。
霊園を訪問したその瞬間に、石材店が振り分けられてしまうのが一般的となっていますのでご注意ください。現在におきましては多くの民間霊園で指定石材店制を導入している傾向にあります。
この指定石材店制というのは、霊園でお墓を建てる時に、指定の石材店においてお墓を建てるという規約となります。 「霊園を探しているけどなかなか納得のいく霊園が見つからない」と悩みを抱えている人も多いかと思います。
そんな時に適当に決めてしまうと後々後悔をすることになってしまうので失敗をしない選び方を実施しましょう。



指定石材店制を導入している多くの民間霊園ブログ:20170812

「節約」が当たり前のように浸透している今日。
職場では弁当持参は当たり前。
独身男性でも手製の弁当を持参する姿も多いとか…

最近は、専業主婦でも「家弁」が流行っているという。
あさの残りや、子ども達のお弁当の残りで自分の弁当も作り、
14時時に自宅で食べる…

我が家でも、
あたくしが弁当を作る機会が増えている。
子ども達のスポーツクラブのせいだ。

子ども達のクラブでは、
お母さんのほとんどが仕事をしているので、
「臨機応変!楽できる時は楽しよう」がモットー。

公式戦の大会では
事前に弁当の注文を取り、業者に発注する。

しかし、
我が家の子ども達が入っているクラブは公式戦ではなく、
それ以外の交流戦も多いのだ。

交流戦の時は弁当持参が基本なので、
気づくとあたくしは年中弁当を作っている…

それも子ども2人分に、
最近何を血迷ったかコーチになってしまった夫の分とあたくしの分。
毎回合わせて4個!

あたくしは弁当作りが苦手部門の1つ。
もともと細かい仕事が苦手なので、
色とりどりの美味しそうな弁当を作るという、
繊細なお仕事は、およそあたくしの性格に合っていないのだ。

しかし、苦手などと言っていられないのも事実。
作らないで買って持参する人も中にはいるが…

我が家の場合、
500円の弁当だとして、×4人前で2000円。
交流戦がふつかも続くとそれだけで4000円の出費。
…これは大きな出費!!
なんとしても避けなければ!

2週間前、
「4人分の弁当作りがみっかも続く!」と妹に愚痴ったところ、
「でもお姉ちゃんの場合、きっと根性で作るよね?」
さすが妹!あたくしの性格を読んでいる。