立地条件は霊園選びで大切

当たり前のことですが山頂の墓地や坂道が多くなっている墓地は訪れにくいものです。
墓地の地形はもちろんのこと、日当たりや気候環境、さらには周辺の環境調査も必要となります。

 

墓地の管理状態などを実際に購入する前には必ず確認をしておくようにしてください。
緑地の手入れ具合、そして歩道の整備、トイレや給水施設などの共有部分のチェックは怠らないようにしましょう。墓地選びにおきましての重要なポイントとしまして立地条件は欠かすことが出来ません。
お参りを継続していくことがお墓を建てる本来の目的とも言えるのですから、お参りが苦になるような霊園は避けるべきです。 残念なことですが、大切な霊園の管理を怠っているあまり信頼の出来ない霊園も中にはありません。
さらに経営不振に陥ってしまい、倒産をしてしまう霊園もあるのでしっかりと事前調査をしておくようにしてください。



立地条件は霊園選びで大切ブログ:20171017

減量では、
「摂取カロリー<消費カロリー」
の状態にする必要がありますよね。

そのためには食べる事制限が必要となるのですが、
多くの人は、食べる事制限を勘違いしています。
食べる事制限を
「食べないこと」と思っているのです。

確かに減量では
摂取カロリーを抑える必要があるのですが、
あくまでも
「摂取カロリーを減らす」ことであり
「食べない」ではないのです。

これを勘違いして
1日2食の食べる事しか食べない人がいますが、
これは確実にリバウンドしてしまう
間違った減量方法なのです。

1日3食は必ず食べるようにして、
その3食の食べる事から摂取カロリーを減らすのが
正しい減量の基本です。

でも世の中には、
減量に失敗する人が多いです。

3食きちんと食べて
摂取カロリーも抑えているけど痩せない…

それは食べる事方法がいい加減か
知識不足だからです。

「摂取カロリー<消費カロリー」の状態でも
「食べる事の質」と「食べる事の摂り方」に問題があれば
思うように痩せないのです。

まず、
1日のカロリー量を低く抑えても
そのカロリーの中身が重要です。

脂質が多いものや炭水化物を多く食べていれば、
摂取カロリーが少なくても痩せるわけがありません。

また、痩せない人の場合、
朝方はほとんど食べずに、午後ちょっと食べて、
22時たくさん食べる…
そんな食べる事の摂り方になっているのです。
これでは摂取カロリーが少なかったとしても、
体脂肪がつきやすいですね。

このように食べる事は
「3食」「質」「摂り方」の3つのポイントがあります。

決して難しいことではないので、
正しい食生活になるよう、自分の食べる事を見直しましょう。