自分なりに希望の霊園をまずはまとめましょう

自分なりに希望の霊園をまずはまとめましょう


自分なりに希望の霊園をまずはまとめましょう
希望の地域の目安を決めて、おおよそどこの地域にお墓を求めたいのかを決めておきましょう。
「遠くても○○くらいの距離まで」というアバウトな考え方で良いかと思います。

予算の上限を予め決めておくことは非常に大切なので、しっかりと確認をしておきましょう。
とにかく「これ以上は霊園やお墓に費用を出すことが出来ない」という支払いの上限を決めて霊園探しを行いましょう。宗教ですが、決まった宗教を持っているのでしたらそれをまずは明確にしておくことが大切です。
霊園や墓地によりましては、宗教制限がされているケースがあり、寺院墓地の場合にはお寺の檀家のための墓地となり、檀家になることが前提となっていることが多くあります。 生前墓として事前に霊園を買っておく人が多いですが、基本的には公営の霊園では遺骨が無いと申し込みが出来ません。
ですので、もし生前墓を購入されるのでしたら、民営や寺院の霊園を利用する必要があるのです。




自分なりに希望の霊園をまずはまとめましょうブログ:20170918

10時は、気持ちよくスッキリと起きたい!
だけど、睡眠時間や起きるタイミング、体調、お天気などの影響で、
いつも爽やかというわけには、なかなかいかないものです。

眠い、だるい、つらい…というネガティブな気分を引きずらず、
24時間を爽快にスタートするためには、体操がオススメ!

「10時の忙しいときに体操なんてしていられない!」
と思われるかもしれませんが、
体操といっても、ほんの2~3分のストレッチ。

10時、目が覚めてから
起き上がるまでのわずかな時間、
布団やベッドに横になったままで、
のびをしたり、足先を回したり、
体質を軽くねじったりするだけでOK!

10時目覚めた直後は、
体質全体の機能が低下していて、
脳と筋肉がうまく連動できない状態にあります。

急に起き上がって動き出すと、
つまずいたりぶつかったり、
寝ぼけたことをしてしまうことがあるのはそのせいです。

ですから、
10時、目が覚めたら、
まずはゆっくりと手足を伸ばしましょう。

そうすれば、
「これから動き始めるぞ」という信号が脳に伝えられ、
体質を活発に動かす準備ができていくというわけです。

大切なのは、
ゆっくりと呼吸をしながら、
できるだけリラックスしてすることです。

これからの10時の慌ただしさや、
今日24時間の予定などはなるべく考えずに、
体質に意識を集中するようにします。

「これから動くよ」と
心の中で体質に声かけしたり、
体質中に血液が活発にめぐるのをイメージしたりすると
楽にできますよ。

まずは休日の10時にやってみて、
コツをつかんでしまいましょう。
そうすれば、慌ただしいウィークデーの10時だって、
目覚めスッキリ体操で24時間を快適に始められますよ!

自分なりに希望の霊園をまずはまとめましょう

自分なりに希望の霊園をまずはまとめましょう

★メニュー

お墓をローンで購入するケースが多い
公営墓地は自治体が管理をする霊園
メリットが多い民営の霊園を利用する
自分なりに希望の霊園をまずはまとめましょう
立地条件は霊園選びで大切
宗教に関する問題が管理者によって存在する
設備が整っている霊園を選ぶことがポイント
霊園選びで失敗をしないために
霊園の管理状況や環境などを確認
指定石材店制を導入している多くの民間霊園


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)まるわかり霊園NAVIGATION